富士通とQualcomm Technologiesは、5Gでのキャリアアグリゲーション通信試験について共同で発表を行い、ピーク通信速度3Gbpsを超えるデータ通信に成功したと発表した。

富士通が設置した試験基地局の3.5GHz帯(n78)と4.9GHz帯(n79)を組み合わせて行われた試験で、5Gキャリアアグリゲーションにおける初めての実証になるという。QualcommによるとSnapdragon X55チップはサブ6GHz帯のキャリアアグリゲーションで最大5Gbpsのピーク性能を発揮できるとし、その実現へのマイルストーンになったとする。

富士通はこの発表で、「これまでに培った高周波・広帯域およびビームフォーミングの技術やノウハウと今回のキャリア・アグリゲーションにより、通信事業者とユーザーの双方に快適かつ高度なネットワークを提供できることを嬉しく思います」とし、さらなる技術開発を進めていくという。