いまや「電話」といえば携帯電話会社が提供する音声通話サービス(キャリア電話)だけでなく、LINEなどSNSアプリやIP電話アプリの通話サービスをも指すようになっています。そのトレンドの変化を受け、iOS 10以降では「電話」アプリでSNSアプリやIP電話アプリの通話を扱えるよう機能が拡張されています。

着信処理だけでなく、履歴も「電話」アプリに記録されるようになりました。たとえば、LINE通話の着信があった場合には、キャリア電話の着信があったときとそっくりな画面が現れ、履歴タブを見れば相手の名前と通話サービスの名称、着信があった時刻を確認できます。相手の名前をタップしてコールバックすることも可能です。

ここまで統合が進めば、キャリア電話以外の人物も「よく使う項目」に登録して「電話」アプリから発信したいところですが、それにはちょっとしたコツが必要です。ひとつは、その人物を「連絡先」に登録しておくこと。もうひとつは、相手からの着信履歴があること。作業を始める前に、この2点を確認しましょう。

確認できれば、「電話」アプリの「履歴」タブを開き、登録したい相手(「LINEオーディオ」と表示)の右端にある「i」ボタンをタップします。現れた画面で「連絡先"○○○"をアップデート」をタップすると、その人物の連絡先ページが表示されるので、「SNSプロフィール」をタップして区分を「LINE」に変更し、そのあと「アップデート」ボタンをタップすれば登録完了です。

これで、この人物のLINE通話アカウントを「よく使う項目」に登録できるようになります。「よく使う項目」タブを開いて左上の「+」ボタンをタップ、現れた画面で電話に「LINE」を選択(下部に長々とした文字列が表示されています)すればOKです。いちいちLINEアプリを開かずに相手を呼び出せるので便利ですよ。