サードウェーブは、「raytrek」ブランドより、クリエイター向けPC「raytrek テレコム・アニメーションフィルム使用モデル」を発売した。全国のドスパラ店舗およびドスパラ通販サイトにて販売する。モデルによって価格は異なるが、それぞれBTOに対応し、標準構成時の価格は109,980円から569,980円(税別)。

「raytrek テレコム・アニメーションフィルム使用モデル」は、CPUに第3世代「Zen 2」アーキテクチャーを、GPUに「RDNA」アーキテクチャーを採用したデスクトップPC。テレコム・アニメーションにて、制作現場で使用されているソフトウエアの動作検証済みだ。

アプリケーションの実行に必要なメモリとして、最大64GB搭載する。読込速度最大5000MB/s、書込速度4400MB/sで動作する高速なPCI-E Gen4対応 1TB NVMe SSDを全モデルに採用した。

一例として、raytrek TR テレコム・アニメーションフィルム使用モデルの標準構成時の主な仕様は、OSがWindows 10 Home 64ビット、CPUがAMD Threadripper 3970X(3.70GHz)、CPUファンがENERMAX ELC-LTTRTO360-TBP(LIQTECH TR4 II TR4水冷)、グラフィックスがAMD Radeon RX 5700 XT 8GB、64GB DDR4 SDRAM(PC4-25600)、ストレージが1TB Gen4 NVMe SSD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ。

インターフェース類がギガビットLANポート×1、USB 3.0×2、USB 2.0×2、USB 3.2 GEN1×4、USB 3.2 GEN2 Type A×2、USB 3.2 GEN2×2 Type-C×1など。本体サイズはW245×D593×H562mm、重さ約18.5kg。

なお、発売を記念して、raytrek公式Twitterにてプレゼントキャンペーンを開催。テレコム・アニメーションフィルムが制作するアニメ作品『「LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘」劇場限定版 Blu-ray』を抽選で1名にプレゼントする。応募方法は、raytrek公式Twitterをフォローし、対象ツイートをリツイート。締め切りは7月12日。