シャープは、AQUOS 8Kテレビ「CX1」ラインと組み合わせて、8K放送の立体音響を手軽に楽しめるというサウンドバー「AQUOSオーディオ」(8A-C22CX1)を8月29日より発売する。地上デジタル放送や4K放送の2ch/5.1ch音声信号などにも対応する。価格はオープンプライスで、店頭価格は税別80,000円前後を見込む。

8K放送で採用されている音声フォーマットである、MPEG-4 AACの22.2ch音声入力に業界で初めて対応したシアターバーシステム。ツイーター、ミッドレンジ、ウーファーを左右に各1基搭載した3ウェイ6スピーカーと、各帯域のスピーカーを独立駆動する6chデジタルアンプを内蔵したサウンドバー、サブウーファーで構成する。

8K放送で採用されている22.2マルチチャンネル音響は、前後左右に加え、上下方向にもチャンネルを配置する3次元音響方式。AQUOS 8Kテレビ「CX1」ラインと8A-C22CX1を組み合わせることで、テレビから22.2chのオリジナル信号を本機にそのまま入力できる。

音楽ホールやスタジオなどの建築音響分野で実績を持つ鹿島建設と、音響技術分野で著名なイギリスのサウサンプトン大学 音響振動研究所が共同開発した立体音響再生技術「OPSODIS(オプソーディス)」を採用。視聴者の前方にスピーカーを設置するだけで、前後・左右・上下を含む360度の立体音響を創出するという。

MPEG-4 AAC 22.2ch音声信号をOPSODISで再生することで、8A-C22CX1のフロントスピーカーとサブウーハーのシンプルなシステムで臨場感のある立体音響を実現でき、「音の左右の広がりや奥行き感、高低感により、まるでその場にいるかのような没入感が体験できる」という。22.2ch音声信号だけでなく、地デジや4K放送の2ch/5.1ch音声信号等でも、独自の音声処理で立体音響を楽しめるようにした。Dolby Atmos音声にも対応する。

サウンドモードは、シネマ、ミュージック、ニュース、ダイレクト、ナイトに加え、2つのスポーツ観戦用モードを追加。室内競技場の反射音や残響音を再現する「インドア」モードと、スタジアムの臨場感を再現する「アウトドア」モードを搭載し、7種類から映像に合わせて選べるようにした。⼈の声が聴き取りやすいように、会話音声帯域を増幅する「クリアボイス」機能も備える。

HDMI入力は映像入力兼用のものを1系統装備。光デジタル音声(角形)とアナログのステレオミニも各1系統備える。出力はHDMIが1系統で、4K映像まで対応する。Dolby VisionパススルーやARCもサポート。さらに、HDMI接続したAQUOS 8Kテレビのリモコンで操作できるAQUOSファミリンクに対応する。

USB端子を備え、USBメモリーなどに収めたハイレゾ音源(192kHz/24bitのWAVやFLAC)が再生可能。そのほか、Bluetooth 4.0に準拠し、スマートフォンの音楽のワイヤレス再生もできる。

出力はフロントスピーカーが125W×2、サブウーファーが150Wで、総合出力は400W。消費電力は、サウンドバーが約48W(待機時約0.4W)、サブウーファーが約29W(同約0.4W)。

本体サイズと重さは、サウンドバーが1,200×140×69mm(幅×奥行き×高さ)、約4.5kg。サブウーファーが261×261×337mm(同)、約7.2kg。サウンドバーの底面にはスパイクを装備。高比重の真鍮材を使い、不要な振動による雑音を防ぎ、高音質化を図っている。