マスプロ電工は6月25日、コダックブランドの防水コンパクトデジカメ「KODAK PIXPRO WPZ2」を発表した。水深約15mまでの水中撮影に対応するタフネスモデルで、レンズは光学4倍ズーム。7月上旬より発売する。価格はオープン。

アウトドアやレジャー、スポーツなどに最適な防水デジカメ。防水性能は水深約15mまでの水圧に耐え、IP6Xの防塵性能も備える。衝撃にも強く、地上高約2mからの落下にも耐えられる。

撮像素子は有効1,635万画素の1/2.3インチCMOSセンサーで、レンズは35mm判換算で27-108mmの光学4倍ズーム。6倍のデジタルズームの併用により、24倍までズームが可能。静止画だけでなく、1080p / 30fpsでの動画撮影も行える。画像保存用に8MBのメモリを内蔵し、32GBまでのmicroSDメモリーカードも使用できる。業務で利用するCALSモードでの撮影も可能。

2.7インチ(23万画素)のディスプレイを備え、無線LAN機能はIEEE802.11b/g/nに対応。内蔵バッテリによる撮影可能枚数は約200枚。フラッシュを内蔵し、本体サイズはW95×D25×H63mm、重さは約176g。