日本HPは、6月29日に新製品のオンライン発表会を開催し、クリエイター向けPCの新製品などを発表した。新製品については別記事で紹介しているので、ここでは発表会の様子を紹介する。

○“1億総クリエイター時代”に向けたクリエイターPC

今回の新製品は、薄型軽量設計のモバイルワークステーション「HP ZBook G7」シリーズ、クリエイター向けに性能を強化した「HP ENVY」シリーズや、VRヘッドセット新製品「HP Reverb G2 VR Headset」などで、いずれもクリエイターをターゲットとした製品となっている。

発表会の冒頭、日本HPの九嶋俊一氏が登壇し、現在の日本HPの状況や市場戦略、投入する新製品の背景について説明した。HP創業者の一人であるビル・ヒューレット氏の言葉に「最大の競争優位は、本当に大変なときに正しい行いをすること」というものがあるという。コロナ禍の中、日本HPではその言葉のもと、従業員、パートナー、顧客の、それぞれの家族も含めた安心安全、そして事業を継続することが非常に大事であると考えて、在宅勤務を中心として事業を継続している。

合わせて、新型コロナウイルス感染症対策支援の様々な取り組みを行っていると九嶋氏は説明。例えば、3Dプリンターで印刷したフェイスシールドや人工呼吸器のバルブなどを医療現場に提供したり、オンライン授業を中心としたブレンド型学習などに約8.5億円の寄付、在宅勤務に必要となるセキュリティ対策としてHPが提供しているセキュリティ技術の無償提供、安全対策を確保したうえで日野工場においてPCの東京生産を続ける、といった支援や取り組みを行っているそうだ。

そういった中、日本HPでは、パソコン事業全体のミッションを再定義。日本HPは以前から、将来のオフィス環境や教室がどうなるかを定義し、そこに向けて製品やソリューションを開発して届ける……ということを推進してきたというが、その一部が将来ではなく今実現しなければならなくなったそうだ。テレワークやオンライン授業などが実際に広く行われるようになって見えてきた課題も踏まえて、接続性、生産性、学び、安全性という4つの柱をベースにミッションを再定義し、今後の事業を推進していくとした。

コロナ禍における新たな日常では、テレワークやオンライン学習の経験者や、動画配信サービスの利用者、PCからのネット利用者が増えているとし、こういった新しい体験をどう次に活かしていくかが大事であると。その中で非常に重要なパートが「クリエイティブ」であると九嶋氏は指摘した。

ミレニアル世代やZ世代と呼ばれている人たちの80%が、自己表現のためにクリエイティビティを使っていきたいと考えており、実際に本当のクリエイションを行う場面では61%がPCを使っているという。営業活動の中でもYouTubeを活用するなど、これまでクリエイティビティにあまり縁のなかったユーザーにも広がりつつあるとのこと。

プロのクリエイターでは、これまで通りのいいものをリモート環境で作っていくための工夫が進んでいる。そこで日本HPは、今後は「1億総クリエイター時代」になっていくとし、プロ向けからカジュアルクリエイター向けまで、クリエイター向けのPCラインナップを拡充していく。それが今回の新製品だ。

○究極の進化を遂げたプロ向けワークステーション「ZBook G7」

最初に発表されたのが、プロのクリエイター向けワークステーション「ZBook G7」シリーズ(4製品)とVRヘッドセット新製品「HP Reverb G2 VR Headset」だ。

ZBookシリーズ第7世代となる今回の新製品は、「第10世代Intel CoreとNVIDIAグラフィックスの採用」、「優れた冷却機構、静音設計、迫力のオーディの搭載」、「MIL-STD 810G規格準拠の高い耐久性」、「進化した独自ツール」、「最先端セキュリティ対応」、「軽量コンパクトでシンプル、サステナブルな筐体」という6つの柱からなる究極の進化を遂げたとする。

そして天板には、これまでの「HPプレミアムロゴ」にかわり、新たに「Zロゴ」を配置している。また、オーシャンバウンド・プラスチック(海洋プラスチック)を再利用してスピーカー部分に採用するなど、環境に配慮した設計も大きな特徴のひとつ。

高性能モデルとしては、「ZBook Create G7」と「ZBook Studio G7」の2モデルを用意。ZBook Create G7はGPUとしてZBookシリーズ初となるNVIDIA GeForce(GeForce RTX 2070 Super)を採用する点が大きな特徴。ZBook Studio G7では、従来同様にGPUとしてNVIDIA Quadroを採用(Quadro RTX4000・RTX3000・T2000・T1000)する。

また、カスタムベイパーチャンバー、2基の液晶ポリマーブレードファン、3方向への排熱という高性能冷却システムを搭載。合わせて、GPUの動作状況に応じてファンを最適に動作させたり、バッテリー駆動時の電力供給をコントロールしたりといったインテリジェント機能も採用し、性能と静音性を両立している。

ボディはCNCアルミニウムを採用することで優れた強度と耐久性を確保。キズのつきにくい高級感のあるボディとなっている。さらに、ディスプレイの狭額縁化によって小型軽量化も実現した。

「ZBook Firefly G7」シリーズは、より小型軽量化を突き詰めたモデル。14型液晶の「ZBook Firefly 14 G7」と、15.6型液晶搭載の「ZBook Firefly 14 G7」を用意する。いずれも第10世代Intel Coreプロセッサ、GPUにQuadro P520を搭載し、従来モデルからの性能向上を図った。

また、Firefly 14 G7は液晶ベゼルの狭額縁化による小型化によって重量も約1.4kgとなり、14型モバイルワークステーションとして世界最小最軽量を実現している(日本HP調べ)。Firefly 15 G7はテンキーを搭載し、3D CADでの利便性向上や、在宅ワーク用途でも威力を発揮するとしている。

ヘッドマウントディスプレイの「HP Reverb G2 VR Headset」は、自社製のVR機器で初となるValve社の「Steam VR」にネイティブ対応。Valve社とハードウェアでも提携し、内蔵レンズやVR空間オーディオの共同開発を行っているという。

ディスプレイは2,160×2,160ドットのパネルを2枚搭載し、従来機よりも明るさとコントラストが向上。また、レンズの瞳孔間距離を物理的に調節可能となり、より鮮明な視界が確保できるとした。コントローラも互換性に優れるレイアウトを採用し、ヘッドセットとBluetoothでペアリングした状態で出荷される。

○個人向けクリエイターPC

続いて個人向けクリエイターPCを発表。HP調べによると、国内でクリエイターPCを利用するユーザーとしては、企業内でクリエイティブ作業を行っているユーザーが23%、クリエイティブで収入を得ているフリーランスやプロシューマーが12%、そしてSNSでの情報発信や趣味でクリエイティブ活動を行っているカジュアル層が65%になっているという。このカジュアル層が65%という数字は、諸外国に比べて際立って多いそうだ。

また、ゲームプレーヤーとクリエイターが求めるPCはいずれもハイパフォーマンスが求められるが、要求されるハードウェアの構成は異なっていると指摘。

今回発表した製品では、高解像度の写真や動画の編集が行えるグラフィックス、複数のアプリを快適に利用できる大容量メモリ、並列演算処理に最適なマルチコアプロセッサを重要なポイントとして挙げ、そういった特徴を備えるラインナップをそろえたとした。

「Envy 15」は、第10世代Intel CoreプロセッサとNVIDIA GeForce RTX 2060 with Max-Q Desitn採用の高性能モデル。メモリも最大32GBまで搭載でき、ベイパーチャンバー採用の高性能冷却システムを搭載することで、常に優れた性能を発揮する。

出荷時にはディスプレイのカラーキャリブレーションを行い、DCI-P3カバー率100%、Delta E<2に対応し、sRGB、Adobe RGB、DCI-P3と3つのカラーモードを自由に変更できる4K有機ELディスプレイを採用。また、iOS/Androidスマホと簡単に接続して写真や動画を簡単にワイヤレス転送できるアプリ「HP QuickDrop」も用意される。

「Envy All-in-One 32」は、HDR 600準拠の液晶を搭載する世界初(日本HP調べ)のオールインワンPCとなる。DCI-P3カバー率98%の31.5型4K IPS液晶は、アンチリフレクションコーティング、ちらつき抑制、ブルーライトカットなどの機能も搭載し、目に優しい点も特徴だ。また、付属のキーボードはスマホやタブレットに接続して文字入力が行えるマルチデバイス対応となっている。

デスクトップ型の「Envy Studio TE01」はGeForce RTXビデオカードを搭載するコンパクトなミニタワー型のデスクトップPCだ。

そして、これら3製品の共通の特徴となるのが、NVIDIAの「RTX Studio」に対応する点だ。主要なクリエイティブソフトとの互換性が保証されており、CPUのみでの処理に比べて圧倒的に高速な処理が行えるようになっている。合わせて、Adobe Creative Cloudが3カ月間無料で使えるキャンペーンも、2020年12月31日まで用意される。

このほか、2020年1月のCESで発表された「Spectre x360 15」や「Envy 13」、「Envy x360 13」、「Envy X360 15」の日本市場向けモデルも合わせて発表。Spectre x360 15およびEnvyシリーズは、「Adobe Fresco」対応デバイスとして認定されることも紹介された。