ソニーは、60秒のショートフィルムで表現を行う映像作品の募集企画「Directed by You –ソニーと創る『60秒フィルム』–」を実施する。6月30日からTwitterとInstagramで作品を募集するオンライン編と、7月10日からソニースクエア渋谷プロジェクトで映像制作に挑戦する監督体験企画を予定する。

同企画ではTwitterとInstagramで作品を募集するオンライン編と、ソニースクエア渋谷プロジェクト内で実施されるショートフィルム監督体験企画を用意。6月30日からは先行してオンライン編をスタートする。「#ソニーと創る60秒フィルム」のハッシュタグを付けて、TwitterとInstagramに投稿すると、ソニースクエア渋谷プロジェクト内のシアターで上映される他、コラボレーションクリエイターに選出された作品は、渋谷モディ壁面に設置されている大型街頭ビジョン「ソニービジョン渋谷」で放映が行われる。

選べるテーマは「トロフィー」「恩返し」「記念日」の3つで、Twitterに投稿する場合は9:16、Instagramに投稿する場合は4:5と、いずれも縦構図での撮影/編集が必要。タイトルに「60 seconds- -One room- テーマ名(選んだものを記入する)」、作品説明とハッシュタグ「#ソニーと創る60秒フィルム」と、「#ソニースクエア渋谷」または「#SonySquareShibuya」を付けて投稿すれば参加できる。

7月10日から行われる監督体験企画では、ソニースクエア渋谷プロジェクト内に家具メーカー「カリモク」が提供した撮影セットを用意。セットの他に役者やライティング、小道具も準備され、参加者は貸与されるソニーのフラッグシップスマートフォン「Xperia 1 II」を用いて動画の撮影に挑戦できる。動画にはソニーから提供されるオリジナルBGMを加えられる他、監督として自分の名前がクレジットされる。完成した作品はシアターエリアで上映が行われ、自分のスマートフォンに転送して持ち帰れる。

監督体験企画で使用できるシナリオは7月10日のコメディ編3本と、8月7日からは恋愛編に3本が追加されて6本から選択できる。コメディ編「トロフィー」「恩返し」「記念日」のシナリオはコントユニット「テニスコート」のメンバー神谷圭介氏の書き下ろし作品で、8月7日から選べる恋愛編では、劇団ロロで脚本家を務める三浦直之氏が3本のシナリオを書き下ろす。

ソニーは「トロフィー」「恩返し」「記念日」それぞれの制作のお手本に、リファレンス動画を公開中。メイキング動画も視聴できる。