ラディウスは、aptX HD/LDACを含む6種類のオーディオコーデックに幅広く対応するBluetoothイヤホン「HP-R100BT」を発表した。7月5日の発売を予定しており、価格は19,000円(税抜)。ブラックとレッドの2色で展開する。

HP-R100BTは、SBC/AAC/aptX/aptX Low Latency/aptX HD/LDACのオーディオコーデックに対応し、ハイレゾ音源の伝送も可能なBluetoothイヤホン。6種類のコーデックに対応することで音質や遅延量、接続性能に合わせた最適な音楽再生が可能だ。

音質を優先するLDACではSBCと比較して約3倍の情報量を伝送可能で、aptX HDでは48kHz/24bitの楽曲再生に対応。低遅延を重視するaptX Low Latencyを使用すると、遅延を0.04秒未満まで抑えることができ、音楽以外にも動画視聴やゲームなどで快適に使用できる。

40kHzまでのハイレゾ再生が可能な7mm系の高性能小型ドライバーを搭載することで、aptX HDで伝送される高音質音源の再生に対応。アルミニウム素材を採用した外装との組み合わせで、きらびやかで伸びのある広域と力強く重厚な低域再生を実現したという。

同梱するイヤーピースはXS/S/M/Lサイズの「ディープマウントイヤーピース」。従来型の製品よりも耳のより奥でフィットすることで、安定した装着感と豊かな低域再生が可能だとする。

この他、主な仕様として通信方式はBluetooth 5.0に準拠する。対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPで、対応オーディオコーデックはSBC/AAC/aptX/aptX Low Latency/aptX HD/LDAC。満充電には約2時間必要で、連続再生時間はSBC/AAC接続時で約8時間。

搭載されるドライバーはダイナミック型で、出力音圧レベルは96±3dB。再生周波数帯域は5Hz〜40,000Hzで、インピーダンスは32Ω。

それぞれのコーデックの使用には、接続先の機器も対応している必要がある。