ゲオホールディングスのグループ会社「ゲオストア」は、同社運営のメディアショップ「ゲオ」限定の製品として、「スポーツ完全ワイヤレスイヤホン(GRFD-SWE500JT05)」を発売した。

価格は4,980円。ゲオの公式通販サイト「ゲオオンラインストア」で取り扱いを開始しており、7月10日から全国のゲオショップ956店舗でも順次発売する。

同製品は、左右分離型でイヤーフックタイプのワイヤレスBluetoothイヤホン。ゲオ限定商品では初めて、主にAndroidで用いられるコーデック「aptX」に対応。IPX7等級の防水設計で、片耳約9.6gと軽量なことから、ジムでのワークアウトやスポーツ競技での使用に適している。

連続通話および音楽再生は最大約8時間、充電時間は充電ケース自体が約2時間、イヤホン本体は約2時間となっており、充電ケースが満充電の状態で最大5回までの充電が可能。一度ペアリングをすれば、2回目からはイヤホンの電源を入れると最後に接続したBluetoothデバイスと自動的に接続される。

そのほかのスペックとして、対応コーデックはAAC/SBC/aptX、内蔵バッテリー容量(片耳)は60mAh、通信距離は約10m。充電ケースのサイズが75.5mm×69mm×41.9mm、重量は充電ケースが約57.8g、本体イヤホン(片耳)が約9.6g。本体のほか、イヤーキャップ(S/M/Lサイズ)と充電用Type-Cケーブルが付属する。