「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○「アプリと機能」やコマンドラインで操作

Windows 10の標準アクセサリーでもっとも起動頻度が低いツールは何だろうか。筆者の場合はワードパッドである。が、OSセットアップ完了後はOffice 365をインストールするため、拡張子「docx」の関連付けはMicrosoft Wordに切り替わり、使用する機会はほぼない。インターフェースデザインもWindows 7のまま更新されず、メモ帳のように更新が加わることもなさそうだ。

筆者に限らず、好きなテキストエディタ、もしくはワープロソフトを導入して使うことが一般的だろう。今回は、出番の少なくなったワードパッドを削除する2つの方法をご紹介する。

以上のGUI操作でワードパッドをアンインストールできるが、コマンドラインから操作する場合は、以下の方法を用いる。

○復活させるには検索結果から「インストール」

何らかの理由で再びワードパッドが必要になった場面を想定し、インストール方法も合わせて紹介したい。

同様の手順でアンインストールできるアクセサリとして、ペイントやWindows FAXとスキャン、Windows Media Player、XPSビューアー、メモ帳などがある。

メモ帳やペイントは簡易ツールとして使う場面もあるが、XPS形式のファイルに出会う場面も少なく、音楽ファイルはGrooveミュージックなど別のメディアプレーヤーを使用。FAXに至っては令和の時代に送受信する場面はまず無いだろう。ご自身のPC使用スタイルを思い返しつつ、アクセサリーを取捨選択してほしい。