広報ながぬま(北海道長沼町)

令和2年11月号

◆第3回定例会
9月16日~18日に開催された令和2年第3回町議会定例会で、次の案件が審議されました。

◇長沼町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について(原案可決)
地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」(令和2年法律第41号)が公布されたことにより、子ども・子育て支援法が改正されたため、本条例の一部を改正するものです。

◇長沼町過疎地域自立促進市町村計画の変更について(原案可決)
伏古斎苑の改修に伴い、事業計画の追加が生じるため、本計画を変更するものです。

◇北海道市町村職員退職手当組合規約の変更について(原案可決)
構成組合の一部の解散に伴い、規約の一部を改正するものです。

◇北海道市町村総合事務組合規約の変更について(原案可決)
構成組合の一部の解散に伴い、規約の一部を改正するものです。

◇北海道町村議会議員公務災害補償等組合規約の変更について(原案可決)
構成組合の一部の解散に伴い、規約の一部を改正するものです。

◇道央廃棄物処理組合規約の変更について(原案可決)
組合事務所の位置を変更するため、規約の一部を改正するものです。

◇令和2年度長沼町一般会計補正予算(第6号)(原案可決)
ふるさと長沼応援寄附報奨贈呈事業費、日本型直接支払制度事業費などの補正で、既定の歳入歳出予算の総額に、それぞれ8438万3千円を増額し、予算の総額を98億6938万円としたものです

◇令和2年度長沼町介護保険特別会計補正予算(第1号)(原案可決)
介護給付費準備基金積立金などの補正で、既定の歳入歳出予算の総額に、それぞれ1252万5千円を増額し、予算の総額を14億2780万1千円としたものです。

◇令和2年度長沼町下水道事業特別会計補正予算(第1号)(原案可決)
公共桝設置事業費などによる補正で、既定の歳入歳出予算の総額に、それぞれ190万円を増額し、予算の総額を4億7695万4千円としたものです。

◇令和元年度決算に係る健全化判断比率及び資金不足比率について(報告済)
健全化判断比率については、一般会計等の実質赤字の比率である「実質赤字比率」及び全ての会計の実質赤字の比率である「連結実質赤字比率」は該当ありません。
公債費及び公債費に準じた経費の比重を示す比率である「実質公債費比率」は11・4%、地方債残高のほか一般会計等が将来負担すべき実質的な負担をとらえた比率である「将来負担比率」は76・8%です。
公営企業ごとの資金不足比率については資金不足額が無く、該当ありません。

◇令和元年度長沼町一般会計等歳入歳出決算認定について
長沼町一般会計、長沼町国民健康保険特別会計、長沼町後期高齢者医療保険特別会計、長沼町介護保険特別会計、長沼町立介護療養型老人保健施設事業特別会計、長沼町下水道事業特別会計、長沼町集落排水事業特別会計、町立長沼病院事業会計の令和元年度決算認定についての審査は決算特別委員会へ付託されました。

◇常勤特別職給与条例の一部を改正する条例制定について(原案可決)
令和2年10月1日から令和6年9月30日までの間、現在の削減率と同様に町長の給与月額を10%、副町長の給与を月額5%、教育長の給与を月額5%それぞれ削減するものです。

◇長沼町副町長の選任について(選任同意)
長沼町副町長に、塩浜友章氏(曙町1丁目)を選任するため、地方自治法第162条の規定により議会の同意を求めるものです。

◇長沼町固定資産評価審査委員会委員の選任について(選任同意)
長沼町固定資産評価審査委員会委員の松嶋隆敏氏(銀座北1丁目)、巻隆之氏(西2線北9番地)、水岡忍氏(東9線南14番地)の任期が本年9月30日をもって満了となることから、引き続き3名を選任するため、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものです。

◇長沼町教育委員会委員の任命について(任命同意)
長沼町教育委員会委員の田村昭夫氏(東4線北18号)の任期が本年9月30日をもって満了となることから、引き続き任命するため、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定により、議会の同意を求めるものです。

◇長沼町固定資産評価員の選任について(選任同意)
長沼町固定資産評価員に、塩浜友章氏を選任するため、地方税法第404条第2項の規定により、議会の同意を求めるものです。

◆第5回臨時会
10月14日に開催された令和2年第5回町議会臨時会で、次の案件が審議されました。

◇被表彰者の選定諮問について(原案承認)
本町発展に寄与された個人の表彰を行うため、長沼町表彰条例第4条第2項の規定により、議会に諮問するものです。

◇令和元年度長沼町一般会計等歳入歳出決算認定について〔決算特別委員会審査結果報告〕(原案認定)
第3回定例会で決算特別委員会へ付託された、長沼町一般会計、長沼町国民健康保険特別会計、長沼町後期高齢者医療保険特別会計、長沼町介護保険特別会計、長沼町立介護療養型老人保健施設事業特別会計、長沼町下水道事業特別会計、長沼町集落排水事業特別会計、町立長沼病院事業会計の令和元年度歳入歳出決算は、認定されました。

◆就任ご挨拶
長沼町副町長 塩浜友章
このたび、町議会におきまして選任の同意をいただき、10月1日付をもって、副町長の職を拝命いたしました。
不肖私にとりましては、身に余る光栄であり、その職責の重大さを痛感いたし、身の引き締まる思いであります。
平成2年4月1日、長沼町役場職員として奉職以来、30年6ヶ月の長きにわたり町民皆様のご指導、ご協力をいただき、心から感謝を申し上げます。
今日の地方行政を取り巻く環境は、世界中で新型コロナウイルス感染症により、非常に厳しい状況の中、町民の生活再建や経済活動の再開に向け、本町の特性に合った対策が求められております。
このような情勢の中、私はもとより浅学非才の未熟者ではありますが、齋藤町長が掲げる「ながぬま創生」「人口安定化」の実現に向け、本町が抱える多くの問題に職員一丸となり、町民皆様のご協力もいただきながら、長沼町発展のため、誠心誠意努力を重ねていく所存であります。
今後とも、より一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう切にお願い申し上げまして、就任のご挨拶とさせていただきます。

◇略歴
長沼町生まれ、長沼中央小学校、中央長沼中学校、駒澤大学附属岩見沢高等学校、北海学園大学経済学部を卒業後、長沼町役場に奉職、議会事務局長、総務財政課長を歴任
昭和41年生まれ 54歳