広報のしろ(秋田県能代市)

令和3年1月1日号

◆「隠れ冷え」ではありませんか?ぽかぽか習慣で冷えから身体を守ろう!
寒いこの時季、「冷え」とどう付き合っていますか。冷えは女性の悩みと思われがちですが、男性でも自覚症状がない「隠れ冷え」が増えています。冷えは、さまざまな病気や不調に関連しています。
冷え症は、手足や下半身など身体の一部、または全身が冷え、苦痛を感じている状態です。一方、隠れ冷えは、手足などの末端が冷えていても自覚していない場合や、手足や身体の表面は温かくても、腹部(内臓)が冷えている状態です。

「冷えは万病のもと」とも言われます。冷えを放置すると、身体にさまざまな不調を引き起こします。例えば、貧血、頭痛、肩こり、腰痛、不眠、イライラ、肌荒れ、便秘や下痢、月経痛などがあります。また、体温が低下すると、免疫力が低下し、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなったり、代謝が低下して、肥満や脂質異常症、糖尿病など生活習慣病のリスクが高まったりします。冷えを上手に改善して、冬を元気に乗り切りましょう。

◆ぽかぽか習慣のすすめ
身体を温めると、全身の血行が良くなり、免疫力や代謝機能も良好に保たれ、心身ともにリラックスできます。冷えから身体を守る「ぽかぽか習慣」を実践しましょう。
(1)1日3食、よくかんで規則正しく食事をしましょう(特に朝ご飯が大事です)
(2)運動をしましょう(筋トレ+ウオーキングが効果的)
(3)湯船につかりましょう(心臓に問題がなければ、全身浴がおすすめ)
(4)ストレッチやマッサージで身体をほぐしましょう
(5)睡眠時間を確保しましょう
(6)おなか、腰、太ももを温めましょう(腹巻や膝掛けの活用を!)
(7)首、手首、足首を冷やさないようにしましょう
(8)マスクを活用しましょう(マスクは鼻や喉の粘膜、気管支を守ってくれます)
(9)温かい食べ物や飲み物を摂取しましょう
(10)身体を温める食材を積極的に食べましょう(根菜類、香味野菜、香辛料、青魚など)
問合せ先
健康づくり課
電話
0185-58-2838