NETWORKにしかわ(山形県西川町)

令和3年2月号

◆保育の理念:子どもに愛と生きる力を
《保育目標》
○雪のようにきらきら輝く子
○緑のようにやさしくあったかい子
○太陽のようにつよくたくましい子

▽大切にしていること
・しっかり看つめること
・ぎゅっとハグすること
・自分の興味を満喫させてあそぶこと
・思いっきりカラダを動かすこと
・大人みんなで精一杯愛すること
・大人も育つこと

◆保育園コーナー
▽いらっしゃいませ GO・TOそらショップ
保育園の楽しかった思い出ベスト3に入る恒例の行事が「お店屋さんごっこ」。年長児が憧れの店員になって、商品を作り、お店の準備をし、販売を行います。
約1カ月半の間、どんなお店にしようか、何を作ろうかなど話し合いながら、紙や廃材を使って商品を作り上げました。
お店に並ぶ商品はどれも手作りの味ある作品ばかり。お化け屋敷やトロッコ列車、ボウリングなどのアトラクションコーナーも加わり、賑やかなそらショップとなりました。
店員役の年長児は小さいお友だちに優しく商品の説明をしたり、お買い物袋に商品を入れるのを手伝ったり、トロッコを押して楽しませてあげたりと奮闘してくれました。思いやりの心が育っていることを感じられる場面が、所々でありました。
みんなを楽しませた後は自分たちが、お店を楽しむ時間。そらショップに、大きな歓声と活気があふれ、お店屋さんごっこの半日を、めいっぱい楽しんだ子どもたちでした。

◆給食コーナー
▽食育わんぱく教室 炊き立てのご飯の味ってどんな味?
=ねらい=
○自分で作る喜びとそれを味わう楽しさを経験する
○地域の食材に感心を持つ
毎年、(株)米月山から、つや姫を贈呈していただいています。今年度は9キロのつや姫をいただき、食育教室とお楽しみ給食で使用させていただきます。
食育教室では炊き立てのご飯のにおいをかいだり、自分でおにぎりを作って食べるなどの経験をした子どもたち。
栄養士さんの食育教室は、いつも、子どもたちのワクワクを引き出してくれる楽しい学びの時間です。