広報さくらがわ(茨城県桜川市)

お知らせ版 No.364(2020年11月15日号)

◆下水道、適切な利用を
下水道は、家庭や工場からの排水を集めてきれいにし、川や海、湖へ返す施設です。使い方を間違うと、下水道の詰まりや処理機能が低下することがあります。
油や料理くずは、管が詰まったり、腐食する原因となります。油は拭き取り、調理くずは水切りネットなどを利用して、ごみとして出してください。また、水に溶けない紙類も詰まりの原因となりますので、ごみとして出してください。
下水道は、自然環境や生活環境をより良くするための公共財産です。できるだけ長持ちさせるとともに、皆さまが快適に利用できるように一人ひとりのご協力をお願いします。

問合先:下水道課
【電話】0296-58-5111
【電話】0296-75-3111
(代表)

◆腐葉土作り用落ち葉無料配布
上野沼やすらぎの里キャンプ場内の落ち葉を無料で配布しています。家庭菜園や農作物用の腐葉土作りなどにご利用ください。
なお、持ち帰りに必要な運搬車や袋などは各自でご準備ください。
※落ち葉が無くなり次第終了

配布時間:8時30分~17時
※第1・3水曜日は定休日

配布場所・問合先:上野沼やすらぎの里キャンプ場
(桜川市上野原地新田48)
【電話】0296-76-0952

◆優良運転者地区表彰の申請はお済みですか
桜川地区交通安全協会では、常に安全運転に心がけ、他の運転者の模範と認められる方を表彰します。資格を満たす方は、申し込みください。
表彰対象者:
・無事故、無違反運転者(過去10年以上)であること
・桜川警察署管内(桜川市内)に居住し、四輪車以上の免許所持者であること
・桜川地区交通安全協会会員であること
申請受付日時:平日8時30分~16時30分
申請期限:12月15日(火)

問合せ・申請先:桜川地区交通安全協会
(桜川警察署内)
【電話】0296-54-0901

◆真壁農業者トレーニングセンターに新トレーニングマシンを設置
真壁農業者トレーニングセンター(真壁体育館内)に、新しいトレーニングマシン「サーキットステーション」を設置しました。サーキットステーションは、8種目のエクササイズで、全身をバランスよく鍛えることができます。健康維持・増進のためにぜひ、ご活用ください。
※このトレーニングマシンは、スポーツ振興くじ(toto)の助成により設置しています。

問合先:真壁体育館
【電話】0296-54-0753

◆11月は「いばらき働き方改革推進月間」
いばらき働き方改革推進協議会(経済団体、労働者団体、行政機関など)では、官民が連携して、長時間労働の抑制やテレワーク・時差出勤などの促進により、多様で柔軟な働き方が可能な労働環境の整備や、効率的な業務改善に向けた働き方改革の推進に取り組んでいます。
11月のいばらき働き方改革推進月間に、できることから働き方の見直しを進めてみましょう。

問合先:茨城県労働政策課
【電話】029-301-3635

◆11月は「労働保険適用促進強化期間」
法律により農林水産業の一部を除き、労働者を一人でも雇用する事業主は、労災保険の加入が義務づけられています。また、パートタイム労働者の方でも、一定の要件を満たす方は雇用保険の加入が義務づけられています。

◇労働保険とは
労働保険は、労働者災害補償保険と雇用保険を総称したもので、労働者とその家族、事業主を守るための制度です。

◇労災保険とは
労働基準法の災害補償の規定に基づく使用者責任を代行する機能をもった制度です。負傷・病気・死亡など業務災害や通勤災害を受けた労働者へ事業主に代わって必要な保険給付を行い、被災者・遺族を援護するものです。
また、労働者の社会復帰の促進など、労働者の福祉の増進を図るための事業も行っています。

◇雇用保険とは
労働者が失業した場合や労働者の雇用継続が困難となる場合に、失業等給付を行うとともに、再就職を促進するために必要な給付を行うものです。
また、雇用保険には失業等給付以外にも、景気の変動などにより事業活動の縮小を余儀なくされた場合に労働者を休業させたり、教育訓練を受けさせたりした事業主などに支給される雇用調整助成金など、各種助成金があります。
保険制度や加入手続きなど詳しくは、問い合わせください。

問合先:茨城労働局
【電話】029-224-6213

◆第72回人権週間
◇12月4日(金)~10日(木)
昭和23年12月10日に、国連総会で世界人権宣言が採択されたのを記念して、毎年12月10日が、「人権デー」に定められました。
自分と同じように他の人にもある人権への理解を深め、お互いに相手の立場を尊重し、豊かな人間関係をつくりましょう。

問合先:水戸地方法務局人権擁護課
【電話】029-227-9919

◆Sマークをご存知ですか
Sマークのある理容店、美容店、クリーニング店、めん類飲食店、一般飲食店は、厚生労働大臣の認可を受けた約款に基づき営業している安全・安心なお店です。

◇Sマーク登録店の特徴
・サービス、メニューを表示
・資格者の氏名を表示
・万が一の事故の場合、賠償するための保険に加入
・業種ごとに定められた様々な基準を順守
Sマークは消費者の皆さまにご利用いただく際の安全・安心の目印です。登録店には標識が掲出されています。

問合先:茨城県生活衛生営業指導センター
【電話】029-225-6603

◆医療機関のかかり方で上手に節約
医療費は、ちょっとした心がけで家計の負担軽減につながります。
(1)かかりつけ医を持ちましょう。紹介状なしで大病院にかかると特別料金がかかります。
(2)同じ傷病で同時に複数の医療機関にかかる「はしご受診」は身体的にも経済的にも大きな負担になります。
(3)時間外・休日・深夜受診は、医療費が割増料金になります。医療機関に受診するべきか判断に迷う場合は救急電話相談をご利用ください。
・こども救急電話相談
【電話】#8000
・おとな救急電話相談
【電話】#7119
(4)ジェネリック医薬品を使用することで医療費が安くなる場合があります。

問合先:協会けんぽ茨城支部
【電話】029-303-1583