広報千代田(東京都千代田区)

令和2年(2020年)11月20日号No.1532

■〔募集〕千代田ビジネス起業塾[一般起業家編]受講生募集!
「独立したい」「経営の基本を学びたい」「定年を機に起業したい」方を対象に、起業の基礎が学べる起業塾を開催します。
会社員・主婦・学生、シニアの方など、年齢・性別は問いません。カリキュラムは起業に必要なマーケティングや財務など基本を学び、事業計画書を作成し、起業を具体化する際に役立てていただきます。
小さなお子さん(未就学児)がいる方は託児サービス(1回1,000円)を利用できます。
参加者にはマスクの着用等、新型コロナウイルス感染症対策にご協力いただきます。なお、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となる場合があります。運営途中で関係者に感染者が出た場合は、以降の講義を一律中止とします。その場合、千代田区特定創業支援事業の認定対象とはなりません。受講料は全額返金します。

募集開始:
・区民…12月1日(火)9時~
・一般…12月8日(火)9時~
日時:令和3年1月21日~3月25日
毎週木曜(全9回)18時45分~20時55分
※2月11日(木・祝)は開講しません。
会場:ちよだプラットフォームスクウェア5階
定員:20名(定員になり次第、締切)
受講料:
・区民・学生…5千円
・一般…1万円
申込み:まちみらい千代田ウェブサイトをご確認ください。

問合せ:産業まちづくりグループ
【電話】03-3233-7558

■〔コラム〕マンション よもやま話 冬に向けたマンションでの感染症対策7か条
マンション管理士 飯田勝啓(いいだかつひろ)

感染拡大が懸念される新型コロナウイルスも、毎年のように流行するインフルエンザも原因は「飛沫」と「接触」であると言われています。これから冬に向け、新型コロナウイルスやインフルエンザ等の感染症に対してマンション内でできる予防対策を確認しておきましょう。

◇「飛沫」対策
(1)共用部分を通る時のマスク着用をルール化する(掲示の徹底)
(2)エレベーターは少ない人数で乗る(混んでいたら次まで見送る)
(3)エントランス、廊下、エレベーターかご内などでの会話は控えめに
(4)集会室を利用する際は人数、座席間隔、換気などに配慮する
(5)発熱やせき、体のだるさなど体調が悪いときは自室内にとどまる

◇「接触」対策
(6)エレベーターホール等にアルコール消毒液を設置する
(7)エントランス操作盤やドアノブ、エレベーター操作ボタンなど接触部分の消毒
※日常清掃の範囲でどこまで実施できるのか、費用対効果も含め管理会社との協議が重要です。

マンション内でできる対策を挙げてきましたが、帰宅後の石鹸での手洗いは感染予防の基本ですので、しっかり励行してください。マンション居住者の協力により、この冬の感染拡大を乗り越えていきましょう。

■〔連載〕がんばる中小企業応援リレーコラム
第2回 中小企業のテレワーク実現ポイント
中小企業診断士 中原 裕之(なかはらひろゆき)

新型コロナウイルス感染拡大で「テレワーク」「在宅勤務」の導入が急激に進みました。最大のメリットは、「通勤時間をなくせる」ことです。業務の生産性向上、ワーク・ライフ・バランスの実現等が見込めますが、導入にあたっては環境の整備が不可欠です。今回は「テレワーク」の現状を踏まえつつ、導入・実現のポイントを解説していきます。

1)テレワークの現状
昨年頃から「働き方改革」の最重要キーワードとして「テレワーク」「在宅勤務」という言葉が出てきました。しかし、実際に導入した企業はごくわずかで、意識もしていなかったと思われます。
しかし、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言により、感染対策の名目で結果的に首都圏を中心に導入が急速に広まりました。また、コミニュケーションツールとして「Zoom」「Microsoft Teams」などが頻繁に話題にのぼるようになりました。

2)テレワークの導入ポイント
「テレワーク」の導入には、ICT(情報通信技術)の視点が先行する傾向にあります。しかし、ICTはあくまでも手段で、1つの視点にすぎません。下記に導入において大切なポイントを3点紹介します。
(1)導入・目的
導入は情報システム部門で推進していきます。目的は「オフィス以外でも、安全で適切なシステム整備で働けるICTシステム・ツールを選択し導入すること」です。
(2)人事・労務
効果的に運用するためには、適切な労働環境になるよう人事・総務部門による「ルール」作りが必要です。
(3)実施・推進
推進の目的は「テレワークを導入するうえで用意すべき体制や理解を得る方法と、その後普及させていくために必要な体制を整備し、実行すること」です。

3)実現のポイントは経営者
ビジネスの前提は必ずしも「対面」でなく、「非対面」の場面も増えています。経営者としては、「テレワークはあくまでも業務方法の手段の選択肢が増えた」と捉えて、現状を踏まえ、企業として、顧客から見て最適な業務は何か?という視点で、「新しい仕事様式」であるテレワークでの「業務改革」の検討をお勧めします。国や東京都が中小企業向けの支援制度を用意していますので、それらの活用も検討しましょう。

■マンション管理に関する書籍貸出中(無料)
まちみらい千代田では管理組合運営、修繕、建替え、マンション防災などマンションに関するさまざまな分野の書籍を所蔵しています。所蔵書籍のリストは、まちみらい千代田のウェブサイトで公開しています。

問合せ:住宅まちづくりグループ
【電話】03-3233-3223

■マンション相談窓口開設中(無料)
日時:月曜日~金曜日(土日祝を除く)午前9時~午後5時(受付は午後4時まで)
場所:千代田区神田錦町3-21 ちよだプラットフォームスクウェア4階
対象:千代田区内のマンション居住者および所有者
予約:応相談(個人情報が公開されることはありません)

問合せ:住宅まちづくりグループ
【電話】03-3233-3223

■中小企業向けビジネス法律相談随時受付中(無料)
日時:応相談(お問い合わせからおおむね1週間前後)
場所:千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォームスクウェア
申込み:電話にて予約状況をご確認ください。相談内容は、ビジネス相談に限ります。

問合せ:産業まちづくりグループ
【電話】03-3233-7558