広報はだの(神奈川県秦野市)

令和2年11月15日号

「3密の回避」、「小まめな手洗い・手指消毒」や「身体的距離の確保」など、基本的な感染症対策の徹底をお願いします。

■市からの最新情報は
市ホームページ内特設ページで公開しています。

問合せ:市新型コロナウイルス感染症コールセンター
【電話】0463-82-9615

■コロナ禍の今、健診や予防接種を控えていませんか?
健康上のリスクを減らすためにも、健診や持病の治療、子供の予防接種などの健康管理は重要です。
発熱や咳、腹痛などの症状は、新型コロナウイルス感染症に限ったものではなく、それ以外の病気の可能性もあります。健康が気になる今だからこそ、かかりつけ医に相談し、適切に受診しましょう。

○適切な時期に受診を 子供の予防接種と健診
予防接種の時期は、感染症にかかりやすい年齢などを基に決められています。生後2カ月から予防接種を受け始めることで、感染症から赤ちゃんを守ります。
乳幼児健診は、子供の健康状態を定期的に確認し、育児で分からないことや悩んでいることを医師や歯科医師、保健師などに相談できる大切な機会です。

○定期的な健(検)診で健康状態をチェック
健診やがん検診を受けることで、生活習慣病の予防や自覚症状が現れにくいがんの早期発見・早期治療につながります。また、健康な生活のためには「お口の健康管理」も重要です。

○医療機関や検診会場は感染予防対策をしています
医療機関では、院内感染防止のガイドラインなどに基づき、感染対策に取り組んでいます。検診は、受付時間や受診者同士の間隔などに配慮しています。受診の際は、事前に体温を測定するなど体調不良がないことを確認し、帰宅したら手洗いなどしっかり感染症対策をしましょう。

問合せ:
・健康づくり課
【電話】0463-82-9603

・こども家庭支援課
【電話】0463-82-9604