広報こさい(静岡県湖西市)

令和2年12月号

~意外と身近な消費者トラブル~

年末年始などのこの時期は、消費者トラブルが多発します。「自分は大丈夫」と思わず、物を購入したり、契約をする際は、慎重に行動しましょう。もし心配なことや困ったことがあれば、消費生活相談室へ電話してください。

◆気を付けてほしい消費者トラブル
・日中在宅している高齢者を狙った電話詐欺に注意
年金支給日や年末年始などの自宅で保管するお金が多くなる時期は、オレオレ詐欺やアポ電詐欺(特殊詐欺)といった電話を使用した詐欺被害にあう可能性が高くなります。「お金が至急必要」「お金を取りに行く」といった電話がかかってきた際は、一度、電話を切り、警察署または消費生活相談室へ相談しましょう。

・友達や知り合いからの「うまい話」に注意
身近な友人や知り合いから、投資や副業などの儲け話を持ち掛けれてトラブルに巻き込まれる「モノなしマルチ」が増加しています。「人を紹介すれば報酬が入る」「月々○万円支払えば、もうかる方法を教えてもらえる」などと言われても、安易に契約しないようにしましょう。

・ゲームの課金に要注意
年末年始などは、自宅で過ごす時間も多くなることから、ゲームをする時間も増加する傾向にあります。オンラインゲームでは、初めは無料でも途中から課金が必要になるものもあります。気付いたら課金の金額が多額になっていたというトラブルも発生しています。大人はもちろんですが、お子さんは特に注意が必要です。
問合せ先
湖西市消費生活相談室
電話
053-576-1609
その他
開室時間:8時45分~11時45分、12時30分~15時(土日祝を除く) ※消費者ホットライン「188(いやや)」でも最寄りの消費生活センターにつながります。