広報京丹後(京都府京丹後市)

2020年11月号(第200号)

市では、家庭から排出される「空きビン」を資源ごみとして分別収集し、リサイクル業者に引き渡すことによって、再資源化を行っています。

しかし、最近では、再資源化できない「陶磁器」を使用した耐熱容器やお酒、化粧品等の容器が多数販売されており、その容器がごみ収集ステーションに「空きビン」として出されていることがあります

空きビン以外のものが混入すると、適正なリサイクルができなくなりますので、正しい分別へのご協力をよろしくお願いします。

なお、資源ごみは、地域の資源ごみステーションに設置の専用回収容器に入れてください。ごみの分別方法など、詳しくは、市ホームページからご覧いただけます。

■陶磁器類(不燃ごみ)
飲料用のビン(無色透明、茶色、その他)の3色
※割れたビンは不燃ごみ

■空きビン(資源ごみ)
・コップ
・ガラス製の食器皿
・茶碗
・お酒や化粧品(クリームなど)容器
※容器が透明でないもの、口にしないものが入っていたビン等は不燃ごみ