広報紀の川(和歌山県紀の川市)

令和3年1月号

◆相談窓口・休日夜間の電話案内
▽新型コロナウイルス感染症受診相談窓口
・県庁健康推進課(24時間)
【電話】073-441-2170
【FAX】073-431-1800
・岩出保健所(平日の午前9時~午後5時45分)
【電話】0736-61-0020
【FAX】0736-62-8720

▽緊急時の医療機関案内(24時間)
【電話】073-426-1199 
県救急医療情報センター
【電話】0736-61-1791 
那賀消防組合

▽休日に受診できる医療機関
【電話】0736-77-6410 
那賀休日急患診療所
日曜・祝日・年末年始の午前9時~午後5時
3月7日までは、土・日・祝日の夜間(午後8時から10時)も開設します。

▽夜間の小児医療電話相談
子どもが急病になり、朝まで様子を見ても大丈夫なのか判断に迷ったとき
【電話】#8000
【電話】073-431-8000
・平日は午後7時~翌午前9時
・土・日・祝日は午前9時~翌午前9時

▽夜間・休日に受診できる小児科
【電話】073-425-8181
小児救急医療ネットワーク
・平日夜間は午後8時~翌午前6時
・土・日・祝日の夜間は午後7時~翌午前6時
・休日昼間は午前10時~正午、午後1時~5時

▽県内の医療機関情報
[わかやま医療情報ネット]検索

◆~新型コロナウイルス感染予防~「5つの場面」を避けましょう
県内でも新型コロナウイルス感染症の感染者が増加しています。感染者数にとらわれすぎず、新型コロナウイルス感染症に関する正しい情報を収集し、基本的な感染予防対策を忠実に行うことが重要です。下記の感染リスクが高まる「5つの場面」を、できるだけ避けましょう。

(1)飲酒を伴う懇親会など
飲酒の影響で注意力が低下します。同時に、聴覚が鈍って大声になり、飛沫が飛びやすくなります。

(2)大人数や長時間に及ぶ飲食
大声になりやすい大人数での飲食や、深夜のはしご酒などの長時間の飲食は、感染リスクが高まります。

(3)マスクなしでの会話
マスクを外した近距離での会話は、飛沫感染のリスクを高めます。特にカラオケや複数人が同乗する車中は注意が必要です。

(4)狭い空間での共同生活
長時間にわたり閉鎖空間を共有することで、感染リスクが高まります。部屋やトイレなどの共有部分には特に注意が必要です。

(5)居場所の切り替わり
休憩所や喫煙所、更衣室での感染疑いの事例が確認されています。環境の変化による気の緩みで、感染リスクが高まることがあります。

問い合わせ:健康推進課(本庁1階)
【電話】0736-77-2511

◆休日歯科当番(診療時間:午前10時~午後4時)
受診する際は電話などで確認の上、来院ください。
電話が通じないときは、那賀消防組合へ確認ください。
【電話】0736-61-1791
年間当番表(地図リンク)は市ホームページで確認できます。


◆献血日程
1/21(木)本庁南別館
・10:00~12:00
・13:00~16:30

問い合わせ:健康推進課
【電話】0736-77-2511

◆~個別がん検診~受診期間がまもなく終了します!
個別がん検診の受診期間が終了します。新型コロナウイルス感染症の影響で、がん検診の受診者が例年より少なくなっています。過度に恐れることなく、まだ受診していない人は、早めに受診しましょう。受診方法など、くわしくは問い合わせください。
検査内容と受診期間:
・胃がん・大腸がん 1月30日(土)まで
・乳がん・子宮けいがん 2月27日(土)まで

問い合わせ:健康推進課
【電話】0736-77-2511

◆各種健診・検診のお知らせを送付
1月末に、3年度の各種健診・検診のお知らせを世帯主宛に郵送します。内容を確認の上、希望の健診・検診を申し込みください。
申し込み方法:申込票に必要事項を記入の上、同封の返信用封筒で返送。申込票には対象となる世帯員の分も記載していますので、併せて申し込みください。
申し込み期限:2月25日(木)
※締切日以降の申し込みは受け付けできません。
※申し込んだ健診や検診は、必ず受けましょう。

問い合わせ:
・特定健診について 
国保年金課(本庁1階)
【電話】0736-77-2511
・がん検診について 
健康推進課
【電話】0736-77-2511

◆個別子宮けいがん検診の実施医療機関を追加
1月から、はまだ産婦人科で、個別子宮けいがん検診が受診できるようになりました。
【電話】073-462-0341
【住所】和歌山市島230-2

問い合わせ:健康推進課
【電話】0736-77-2511