広報いずも(島根県出雲市)

2020年12月号

■感染リスクが高まる「5つの場面」
新型コロナウイルス感染症は、屋外で歩いたり、十分に換気がされている公共交通機関での感染は限定的であると考えられています。本感染症の伝播は、主にクラスターを介して拡大することから、これから向かう冬に備えるためには、クラスター連鎖をしっかり抑えることが重要です。
次の5つの場面が、皆さんの生活の中に潜んでいないか、今一度ご確認ください。

◇場面(1)飲酒を伴う懇親会等
・飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力が低下する。また、聴覚が鈍麻し、大きな声になりやすい。
・特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まる。
・また、回し飲みや箸などの共用が感染のリスクを高める。

◇場面(2)大人数や長時間におよぶ飲食
・長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まる。
・大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、感染リスクが高まる。

◇場面(3)マスクなしでの会話
・マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。
・マスクなしでの感染例としては、昼カラオケなどでの事例が確認されている。
・車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。

◇場面(4)狭い空間での共同生活
・狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まる。
・寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されている。

◇場面(5)居場所の切り替わり
・仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがある。
・休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されている。

(厚生労働省のホームページから)

■新型コロナウイルス感染症の発生をさらに抑えるためには…
一人ひとりが最新の知識を身につけて正しく対策を行っていただくことが何よりも重要です。詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。