市報おおかわ(福岡県大川市)

令和2年11月15日号

■話題の本
☆毎週約100冊の新着本があります。
図書館HP「新着図書」で確認ができます。

・つるかめ つるかめ
中脇 初枝/文
あずみ虫/絵
あすなろ書房
自分の力ではどうしようもないことが起こったとき、むかしの人たちは、おまじないを唱えて乗りこえてきました。おくびょうで、こわがりは、あたりまえ!ずっとむかしから、だれでもどきどきしたり、こわくなったりしたからこそ、このようなおまじないが伝えられてきたのです。

・おいかけっこでわらべうた
つきおか ようた/文・絵
成美堂出版
ねことたこがわらべうたに合わせて追いかけっこ。ストーリーを追いながら「だるまさん」、「てるてるぼうず」など、子どもに伝えたいわらべうたに自然に触れられます。

・科学でナゾとき!わらう人体模型事件
あさだ りん/作
佐藤 おどり/絵
偕成社
学校でおこる事件のナゾを科学の力でときあかせ!パーフェクトな小学校の児童会長・彰吾にはひみつがある。それは、変人の理科教師、キリン先生が、じつは父親であることだ。彰吾は、学校でおこるさまざまなナゾを、キリン先生の科学的アドバイスで、ときあかすことができるのか!?

・防災イツモマニュアル
防災イツモプロジェクト/編
寄藤 文平/絵
NPO法人プラス・アーツ/監修
ポプラ社
地震・台風・感染症に―「イツモの暮らし」が「備え」になる。今こそ、在宅避難の準備をしませんか。日本で暮らすということは、災害と一緒に生きていくということ。まず、ひとつだけでも、始めてみよう。「イツモ」できることが詰まった防災マニュアル。

・赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。
青柳 碧人/著 双葉社
『むかしむかしあるところに、死体がありました。』に続き、西洋
童話をベースにした連作短編ミステリー。今作の主人公は赤ず
きん!ークッキーとワインを持って旅に出た赤ずきんがその途
中で事件に遭遇。「シンデレラ」「ヘンゼルとグレーテル」「眠り姫」
「マッチ売りの少女」を下敷きに、小道具を使ったトリック満載!

■こんな本が入りました。
・あさ
扇野 剛/文
羽尻 利門/絵
仮説社

・いのち
シンシア・ライラント/文
ブレンダン・ウェンツェル/絵
田中 一明/訳
カクイチ研究所

・ひろいひろいひろいせかいに
ルイス・スロボドキン/作
木坂 涼/訳
偕成社

・ますくちゃん でばんです
よこみち けいこ/作・絵
ニコモ

・少年野球児典野球用語から心構え、こころに響く言葉まで 家族で一緒に考えるからみんなで野球が好きになる
年中夢球/著
日本写真企画

・未来の自分に出会える古書店
齋藤 孝/著
文藝春秋

・志村けん 160の言葉
志村 けん/著
青志社

・野菜たっぷり具だくさんの主役サンド150これ1品で献立いらず!
エダジュン/著
誠文堂新光社

・ヒロシのソロキャンプ~自分で見つけるキャンプの流儀~
ヒロシ/著
学研プラス

・かきあげ家族
中島 たい子/著
光文社

■青空雑誌リサイクル市・おはなし会
日時:11月21日(土) 
※雨天の場合は22日(日)
※お越しの際はマスクの着用をお願いします。体調の優れない場合は参加をご遠慮ください。
・雑誌リサイクル市 13時~15時
1人10冊まで(1タイトル3冊まで)
※マイバッグ持参でお願いします。
・おはなし会 14時30分~ (20分くらい)

●図書館が行っている新型コロナウイルス感染症予防対策や行事予定については、図書館のHPにてお知らせしています。

【電話】0944-86-5115
【HP】http://www.library.okawa.fukuoka.jp/
福岡県大川市上巻272−2