市報ゆくはし(福岡県行橋市)

令和2年11月15日号

令和2年度9月末現在における歳入、歳出の予算総額は、ともに383億9、779万2千円(繰越分を含む)です。
また、同日現在における収入済額は、194億951万3千円で、収入率は50・5%(前年同期35・8%)、支出済額は、190億6、361万2千円で、執行率は49・6%(前年同期33%)となっています。

◆上半期市税収入の内訳


◇基金積立金の現在額(財政調整基金および特定目的基金)
122億8、574万8千円(令和2年9月末現在)
積立金(基金)は、年度間の財源の不均衡の調整および、各種事業の経費に充てるために積み立てた資金です。

◇市債の現在額
上半期中の元金償還額は、8億6、724万7千円で、借入は0円でした。したがって、令和2年9月末日の市債の現在額は、207億530万5千円となります。
これを市民一人あたりに換算すると、283、285円となります。
※令和2年9月末現在登録人口73、090人

◆歳入・歳出予算額に対する収支状況

※その他は繰越金、地方消費税交付金、自動車取得税交付金などです。


※その他は議会費、総務費、消防費などです。

◆用語解説
◇歳入
市税=市民の皆さんから直接納付される住民税や固定資産税等です。
地方交付税=地方公共団体が等しく事務が遂行できるよう国が交付する税のことをいい、所得税・法人税・酒税・消費税・地方法人税の収入額の一定割合がこれに充てられます。
国庫支出金=国から地方公共団体に対して交付される補助金・負担金・委託金等です。
県支出金=県から市町村に対して交付される補助金・負担金・委託金等です。
市債=市が公共事業の資金調達等のために、県の同意を受けて長期に借り入れをする資金です。

◇歳出
総務費用等:一般管理経費のほか、選挙・徴税等の経費です。
民生費用等:児童福祉・老人福祉・生活保護・その他社会福祉等にかかる経費です。
衛生費用等:医療・衛生対策などに要する経費であり、ごみ・し尿の収集処理にかかる経費もこれに含まれます。
教育費用等:義務教育・社会教育等、教育にかかる経費です。
農林水産・商工費用等:農業・水産業・商工業にかかる経費です。
土木費用等:道路・河川・公園等、各種公共施設の整備とその維持管理にかかる経費です。