広報しめ(福岡県志免町)

2021年1月号

■ママパパ教室
幼児教育専門家の熊丸みつ子先生による講演会を開催します。夫婦で育児を頑張る切っ掛けに、参加してみませんか?
対象:妊娠中・子育て中の人
日時:1月17日(日)10時~11時
※受付は9時45分から
場所:町民センター大ホール
定員:先着13組
持ってくるもの:母子健康手帳

応募先・問合せ:子育て世代包括支援センター(健康課)
【電話】092-935-1473

■食育講座(0歳児編)
子どもの食事(離乳食)や、食習慣が子どもの体に与える影響などについて考えてみませんか?レシピの紹介もあります。
対象:0歳児の保護者
※受講したことのある人は除く
日程・内容:

時間:10時~11時
場所:保健センター
定員:10人程度
託児:子ども1人100円/回(0歳児のみ)
※希望の人は応募の際にお伝えください
募集期間:1月22日(金)まで

応募先・問合せ:子育て世代包括支援センター(健康課)
【電話】092-935-1473

■住民活動団体・協働事業提案
自主的・主体的に住民活動を始めた初期段階の団体の活動を支援する「住民活動団体育成支援助成金」と、団体と行政とが課題解決のために協働で実施する事業を提案する「協働事業提案制度」の対象団体を募集します。
※助成内容は変更となる場合があります
募集期間:2月26日(金)必着
応募方法:下記やまちづくり支援室に設置の申請書(ダウンロード可)に記入の上、直接、または郵送で提出ください。
◎応募資格など詳しくはホームページをご覧ください

応募先・問合せ:まちの魅力推進課地域づくり係
【電話】092-935-1853
(〒811-2292志免町志免中央1丁目1番1号志免町役場)

▽住民活動団体育成支援助成金
助成金額:対象経費の2分の1(上限5万円)

▽協働事業提案制度
募集事業:
【団体提案型協働事業】
団体が課題を設定し、その解決方法を自由に企画提案するもの
【行政提案型協働事業】
行政が設定した次の課題に対し、その解決方法を団体が企画提案するもの
・自主防災組織活動支援事業
地域防災力の向上を図るため、町内会単位で結成される自主防災組織が防災訓練などの知識や技術を身に付け、自主的に継続した防災活動を行うことができる体制をつくる事業
・女性の視点を盛り込んだ防災ハンドブック作成事業
女性や小さな子どもがいる子育て家庭も災害時に安心できるよう、女性の視点を生かした防災ハンドブックを作成し活用する事業
※応募には、事業を実施する課との事前協議が必要ですので早めに相談ください(まちづくり支援室がコーディネートを行います)

経費の負担:協働事業の実施に必要な経費は、団体と行政で負担し、行政の負担分を団体に交付金として交付します。行政の負担割合と交付金の上限額は次のとおりです。
【団体提案型協働事業】
対象:経費の2分の1(上限30万円)
【行政提案型協働事業】
対象:経費の5分の4(上限60万円)