市報とす(佐賀県鳥栖市)

令和2年12月号

新型コロナウイルス感染症の影響で、各種イベントなどは中止・延期・内容変更となる場合があります。詳しくは、各問い合わせ先にご確認ください。

◆12月3日〜9日は障害者週間
昭和50年12月9日に「障害者の権利宣言」が国連総会で採択され、国が障害者週間を定めました。 
市は「~繋がり、支え合い、切り開く~認め合い、支え合いながら、自分らしく生きる力を発揮できるまちを目指して」を基本理念とし、市民の皆さんが障害のある人に対する理解を深め、障害があってもあらゆる分野に積極的に参加し、活躍できる社会づくりに取り組んでいます。

〇障害がある人のための制度 
障害福祉サービス(居宅介護、生活介護、短期入所、施設入所支援など)、補装具の購入、日常生活用具の給付、自立支援医療、重度心身障害者医療費の助成などさまざまな制度があります。
※障害の程度や区分により利用できるサービスが異なります。

問い合わせ:高齢障害福祉課
【電話】0942-85-3642

◆冬の交通安全運動 
12月15日(火)から24日(木)までの10日間、冬の交通安全県民運動が行われます。市と市交通対策協議会は期間中、駅前駐輪場での指導、交通安全街頭キャンペーンなどを実施します。一人一人が交通ルールとマナーを守り、交通事故の防止にご協力ください。

問い合わせ:維持管理課
【電話】0942-85-3598

◆交通安全指導員を委嘱 
市は10月7日付けで、交通安全指導員を若葉地区の豊福龍二さん(古賀町)に委嘱しました。 
同指導員は、小中学生の登校時の交通指導や交通安全啓発活動など、市民の皆さんの交通安全のため活動しています。

問い合わせ:維持管理課
【電話】0942-85-3598

◆固定資産税関係の届出
固定資産税は毎年1月1日現在で、土地・家屋・償却資産の所有者に課税される市の税金です。固定資産に関係する届出や申告は、忘れずに行いましょう。

〇建物を壊したら届出を 
令和2年中に家や倉庫などの建物を取り壊した場合は、解家届を税務課へ提出してください。

問い合わせ:同課
【電話】0942-85-3589

◆政治家の寄付は禁止されています
政治家(立候補予定者を含む)が選挙区内の人に、お金や物を贈ることは法律で禁止されています。

〇禁止されているもの 
お歳暮、町内会の集会や旅行などの催しへの寸志や飲食物の提供など

問い合わせ:市選挙管理委員会事務局
【電話】0942-85-3507

◆永吉町がコミュニティ活動備品を整備
永吉町が(一財)自治総合センターの宝くじの社会貢献広報事業(コミュニティ助成事業)の助成を受け、卓球台などコミュニティ活動備品の整備を行ないました。卓球用品、音響機器、会議用のテーブルや椅子などの備品が整備され、地域の活性化に役立てられます。

問い合わせ:市民協働推進課
【電話】0942-85-3576

◆子どものインフルエンザ予防接種指定医療機関を追加
子どものインフルエンザ予防接種(任意接種)費用の助成の指定医療機関を追加しました。

助成対象:6カ月以上から18歳(高校3年生相当)までの鳥栖市に住民票がある人
追加医療機関:白水レディースクリニック(本通町)
【電話】0942-83-8383
その他:事前に予約が必要

問い合わせ:健康増進課
【電話】0942-85-3650

◆高額療養費(外来年間合算)
1カ月の医療費が上限を超えると、その超えた額が高額療養費として支給されます。70歳から74歳までの人と後期高齢者医療加入者のうち、7月31日(基準日)現在、一般および住民税非課税世帯区分の人で、1年間の外来の自己負担額の上限額14万4千円を超えた額が高額療養費(外来年間合算)として支給されます。対象者には通知を送付しますので手続きをしてください。なお、後期高齢者医療の対象で、以前に高額療養費の申請をした人には、支給決定通知書を送付後に指定の口座に振り込まれます。

対象:令和元年8月1日から令和2年7月31日までに被保険者が支払った外来の医療費の自己負担額から月ごとの高額療養費を差し引いた額が14万4千円を越えた人
注意:対象期間内に県外から転入した人、他医療保険から移った人、国民健康保険や後期高齢者医療の資格を失った人には通知がありません。対象条件を確認し、国保年金課、県後期高齢者医療広域連合、または7月31日に加入している医療保険に確認してください

問い合わせ:
・同課
【電話】0942-85-3582
・同広域連合
【電話】0952-64-8476

◆県(地域別)最低賃金が改定
県(地域別)最低賃金が改定され、10月2日から時間額792円(2円増)になりました。県特定(産業別)最低賃金の一般機械器具製造業関係、電気機械器具製造業関係、陶磁器・同関連製品製造業の最低賃金は、改定審議中です。10月2日以降の陶磁器・同関連製品製造業最低賃金(時間額791円)は、新たな特定最低賃金が発効するまでは県最低賃金を下回るため、792円の県最低賃金が適用されます。

問い合わせ:佐賀労働局労働基準部賃金室
【電話】0952-32-7179