”キックバイク”初乗り 伊那初の専用コース

 伊那市西箕輪のはびろ農業公園「みはらしファーム」に12日、幼い子どもたち専用のキックバイク体験コース「のってみらっし」がオープンする。市などが地域おこし協力隊を活用し、同ファーム一帯で展開する「みはらしマウンテンバイクフィールドプロジェクト」の第1弾。9日に記念セレモニーを開き、西箕輪保育園の年長児43人が起伏に富むコースを”初乗り”した。

 ペダルがなく足で漕いで進むキックバイク。近年人気が高まり、県内でも駒ケ根市や富士見町などにコースがあるが、伊那市内では初めての本格的な専用コースとなる。

 「のってみらっし」は傾斜のある全長60メートルで、高さ30〜50センチの起伏が七つ連なる。平行して20〜30センチの起伏が八つ並ぶコースも設定し、レベルに応じて使い分けられる。

 セレモニーでは数人の園児たちが、白鳥孝市長の合図で一斉にスタート。勢いよくゴールを駆け抜けた飯沼大翔君は「すらすらと行くところが楽しかった。またやってみたい」と話した。

 みはらしファームや周辺の山林環境を生かして、マウンテンバイク(MTB)で地域活性化を図る同プロジェクト。大阪の自転車ショップで整備の仕事をしていた宮坂啓介さん(32)=茅野市出身=が4月に地域おこし協力隊員として着任し、同ファームや西箕輪地域協議会などと協力しながら進めている。今後はさまざまな人が楽しめるMTBのコースやフィールドを整備していく考えだ。

 のってみらっしを利用できるのは小学校入学前の幼児。体験料は1日500円で、8月末までは無料。有料でレンタルバイク(ヘルメット付き)の用意もある。時間は午前10時〜午後4時30分(最終受付4時)。問い合わせは同ファーム公園事務所(電話0265・74・1807)へ。

関連記事

長野日報の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

長野のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索