岡谷署にトカゲの”落とし物”

 岡谷市内で水槽に入ったトカゲが見つかり、岡谷署が保護している。体長は約40センチで顎に太いとげのような突起があり、全身が灰色。心当たりの人を探している。

 同署によると、10日午前、川岸にある観蛍橋付近の天竜川沿いで、近くに住む男性が発見したという。オーストラリア産のフトアゴヒゲトカゲではないかとみている。トカゲの入っていた水槽は縦40センチ、横80センチ、高さ50センチの大きさ。保温器具が取り付けられていた。

 トカゲはあまり動かないが、時折大きな口を開けて威嚇。世話をする署員たちを驚かせている。同署は「生き物は最後まで責任を持って飼ってほしい」。問い合わせは同署(電話0266・23・0110)へ。

関連記事

長野日報の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

長野のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索