あすかっぱ祭り 駒ケ根市の天竜大橋周辺

第31回天竜かっぱ祭り(実行委員会主催、長野日報社など後援)が24日午前11時から駒ケ根市の天竜大橋周辺で開かれる。午後7時から新宮川河口で行う花火大会では、2尺玉やスターマインなど3千発を超える大輪が夏の夜空を彩る。

 主会場の天竜かっぱ広場は午前11時に開場。軽食や雑貨を販売する屋台が軒を連ねるほか、かっぱの仮装をした小学生が相撲を取る「かっぱら相撲大会」(当日エントリー可)、演芸大会、金魚すくいなどのコーナーが並ぶ。午後3時30分からは宝投げ大会がある。

 祭りの開催に合わせて県道駒ケ根長谷線は、新宮川岸交差点−一心館が午後6時30分から同9時まで車両通行止め。会場周辺は駐車場が少ないため、当日は市内3カ所(JR駒ケ根駅、中山協議所、火山いきいき交流センター)と会場近くの一心館を結ぶシャトルバスを運行する(中学生以上は乗車1回100円)。

 会場や周辺でドローン(小型無人機)を飛ばすことは禁止。

 小雨決行。問い合わせは駒ケ根市役所中沢支所(電話0265・83・3701)、当日はおもしろかっぱ館(同0265・81・4767)へ。


関連記事

長野日報の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

長野 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索