入院中の子ども激励 サンタラン11月2日

 サンタクロース姿で諏訪湖畔を走り、入院中の子どもたちにプレゼントを贈るチャリティーイベント「ながのグレートサンタラン」の実行委員会は21日、岡谷市内で開き、今年のイベントを11月2日に諏訪市湖畔公園を発着点に開催することを決めた。山崎賢一代表(54)=岡谷市湖畔=は「諏訪湖畔を心優しいサンタで埋め尽くし、病気やけがと闘う一人でも多くの子どもにプレゼントを届けたい」と話している。

 同イベントは参加者がサンタの衣装を着て走ったり、歩いたりしながらゴールを目指す。参加費などの収益金で玩具や文具などを購入し、入院中の子どもたちにクリスマスプレゼントを贈る。今回で3回目。昨年は320人が参加し、127社が協賛した。諏訪赤十字病院(諏訪市)、県立こども病院(安曇野市)、岡谷市民病院(岡谷市)、信濃医療福祉センター(下諏訪町)に入院中だった子どもたちに直接、プレゼントを手渡した。

 ランニングコースはこれまでと同様に湖畔公園から諏訪市豊田方面に向かい、すわっこランド前で折り返す5キロとSUWAガラスの里までの8キロの2種類を設定した。

 参加費は大人3000円、高校│大学生が2000円、小中学生1000円。サンタクロースの衣装代が含まれる。ゴール後はイベントステージが計画されており、今後内容を詰める。

 問い合わせは同実行委事務局(電話090・8843・5635)へ。


関連記事

長野日報の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

長野 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索