中川村商工会は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食が思うようにできない不自由さ解消と、飲食店救済を兼ねた支援事業「なかがわテークアウトクーポン」配布事業を今月初めからスタートする。専用チラシを村内11の飲食店などに持参すると、1000円で1500円分のテークアウトクーポンが購入できる。村商工会は「家ご飯促進で家庭も飲食店も元気に」と多くの利用を呼び掛けている。

 飲食店などで利用できるクーポン券の販売で消費喚起を促し、専門店の味を堪能してもらう狙い。

 事業では、村内の全戸に1日以降、クーポン券が購入できるチラシを配布。事業に参加する加盟店にチラシを持参すれば500円のクーポン券(3枚つづり)1500円分を1000円で、世帯人数分まで購入できる。クーポン券は500円ずつでも1500円分まとめてでも利用できる。

 さらに、利用1回につき一つ押される購入スタンプを「3軒分」集めると、スタンプカードがクーポン券になり改めて500円分のテークアウトに利用できる。

 村商工会では「小売業者が大変な思いをしている一方、住民も自粛でストレスを抱えている。たまにはプロの味を満喫して」と利用を呼び掛けている。問い合わせは村商工会(電話0265・88・2073)へ。

 加盟店は次の通り。(順不同)

 あかいみ、アジアごはんとスパイスカレー・アドゥマン、アゲイン、いさわ、いげた屋、しまや菓子店、地鶏屋一志、ピッツェリアクアットロモーリ、カフェレスト・ペリカン、望岳荘、喜多方ラーメンめんまる中川店