10日の「母の日」を前に、茅野市の「蓼科プランツ」(江尻昌広社長)で、母の日フラワーギフトの出荷が始まった。新型コロナウイルスの影響は同社も例外ではないが、もっと打撃を受けている地元の花き農家の応援ができればと、諏訪産のカーネーションやバラ、アルストロメリアを例年より多く使用する。市内3カ所にある出荷場では、従業員約20人が慣れた手つきでアレンジメントを仕上げている。

 ギフトは、東京の花の大手を通して、コンビニエンスストアや百貨店、企業などから依頼されたもの。花束を、刺しゅう入りのストールやおしゃれなエコバッグでラッピングしたものや、地元で人気の洋菓子をセットにした商品もある。出荷は9日まで続き、約1万5000ケースが全国に発送される。

 同社は、夏秋イチゴやドライフラワーの生産・加工・販売を手掛ける。江尻社長は「諏訪の花は品質も良いので、離れて暮らすお母さんにも喜ばれると思う。花を廃棄処分した生産者もいて心が痛むが、こんな時だからこそ、花の力でみんなが明るくなれるよう、農家を支援してもらいたい」と話していた。