赤穂高校は、Web会議ソフトのスマートフォン(スマホ)版アプリの「Zoom」を活用し、5日間かけて全学年が競技する「オンラインクラスマッチ」を29日に開幕した。7月3日までの日程で、初日は1年生3クラスが14競技に挑戦。3学年計15クラスが順次競技し、10日に開催予定の縮小版文化祭・鈴蘭祭で競技の様子を披露するとともに結果発表も行う。

 当初は6月3日に予定していた春季クラスマッチが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて中止となったため、代替行事として開催。入学したばかりの1年生は例年、同クラスマッチを経て親交を深めているだけに、「皆が打ち解ける機会」として配慮した。

 クラスマッチは、臨時休校で授業が遅れた分、丸1日を充てる余裕がないため、午後4時からの放課後1時間を競技時間に設定。1日3クラスずつ行い、競技の全てを動画に保存。競技は、参加したい生徒と応援したい生徒に分け、縄跳びの二重飛びや卓球のラリー、バスケットボールの3回連続シュートなどのほか、運動が苦手でも気軽に参加できる風船割りやジェスチャー、クイズなども設けた。

 トップを切った1年生3クラスの生徒たちは、スマホを構えた体育委員に少し照れながらも、クラスの名誉のために懸命に取り組んでいた。

 体育委員会の池上太陽委員長=普通科3年、伊那市=は「クラスマッチができ、これでクラスもまとまる―とうれしくなった。一人でも多くが楽しめる機会になれば」と期待をかけていた。