平和のイメージ自由に描く

平和のイメージ自由に描く

 「平和の祈りキッズゲルニカinながさき〜国際子ども平和壁画展」が6日、長崎市松山町の爆心地公園で始まった。スペインの画家、ピカソが描いた「ゲルニカ」と同じ縦3.5メートル、横7.8メートルのキャンバス11枚に、子どもたちが自由な発想で考えた平和のイメージが描かれている。20日まで。  市民グループ「長崎親善人形の会(瓊子の会)」(山下昭子会長)が毎年開いている。  同公園内の下の川には、市立城山小内の城山学童クラブと米国の児童が共同で制作した作品や、ウクライナの子どもたちが自然や動物などを描いた色鮮やかな作品が並ぶ。  横浜市から家族で訪れた杉田由美子さん(40)は「海外からも作品が届けられていることに感心した」と話した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

長崎新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

長崎のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索