海の生き物と触れ合おう

 西彼時津町浦郷の大村湾漁協直売所に、生きた貝類に触ることのできるタッチプールが登場。子どもの関心を引いている。  直売所で取り扱う活魚の種類を増やし"水族館化"を進める同漁協が、海の生き物と直接触れ合ってもらいたいと、お盆セールに合わせて初めて設置。地元で採れたアコヤガイやアカニシガイ、ミナ、ヤドカリなど約30個を投入した。  子どもは恐る恐るプールに手を入れ、貝の手触りを確認。祖父に連れられて来た大阪市の幼稚園児、山元正之介ちゃん(6)は「動いているのを初めて見た。触ってみたら硬かった」と興味津々の表情で話していた。14日まで。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

長崎新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

長崎のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索