訪日客向けパンフ作製 西海市、3ヵ国語4種類

訪日客向けパンフ作製 西海市、3ヵ国語4種類

 長崎県西海市は訪日客向け観光パンフレット「Visit Saikai」を作製した。中国語(繁体文・簡体文)、韓国語、英語の4種類。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産登録や、2020年の東京五輪などをにらみ、訪日客の取り込みに活用する。
 パンフレットでは歴史、自然、グルメ、体験の4分野について計13カ所の見どころを紹介。動物と触れ合える長崎バイオパークやキリスト教関連の中浦ジュリアン記念公園など、注目スポットを取り上げた。佐世保市の長崎国際大の留学生らがモデルとして写真撮影に協力した。
 紙面には市内観光施設25カ所に掲示している多言語音声ガイドの読み取りコードも掲載。スマートフォンの専用アプリで読み取れば、詳しいアナウンスを聞くことができる。
 パンフレットはB5判四つ折り。中国語繁体文1万部、同簡体文、韓国語、英語はそれぞれ3千部作った。市は旅行会社などへ配布するほか、市内外の観光施設、店舗などへの設置を進めている。問い合わせは市商工観光物産課(電0959・37・0064)。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

長崎新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

長崎 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索