米海軍は11日、西海市西海町の横瀬駐機場に配備しているエアクッション型揚陸艇(LCAC)の夜間航行訓練をした。10日に続き2日連続。
 九州防衛局によると、1隻が午後4時20分ごろ駐機場を出て佐世保港沖に向かった。日没後の同6時7分ごろ駐機場に戻った。