新型コロナウイルス感染拡大で一斉休校が続く中、長崎ケーブルメディア(長崎市、NCM)は17日、同市上町の放課後児童クラブ「ドリームキッズ上町」(田中礼華代表理事、65人)に制作したテレビ番組「かえる先生のいきもの交遊録」のDVD3枚(24回分)を贈呈した。
 長崎女子短大の松尾公則教授(69)が自然観察などを通してカエルやカマキリ、セミといった長崎の生きものについて紹介する15分番組。2011年から月1回放送している。NCMはこのほか長崎市など4市町の15クラブにもDVDを贈る予定。
 松尾さんが児童にDVDを手渡し、児童らはヒキガエルを紹介する映像を食い入るように見入っていた。松尾さんは「今は外出できないので、子どもたちにはしばらく動画で楽しみながら勉強してほしい」と話した。