島原市は24日、4月1日付の人事異動を発表した。部長級の市長公室理事に堀浩明有明支所長、議会事務局長に森本一広福祉保健部保険健康課長、市民部長に吉田信人市民部市民安全課長兼市民相談センター長兼消費生活センター長、福祉保健部長兼福祉事務所長に尾藤正則福祉保健部福祉課長兼福祉事務所次長がいずれも昇任する。総務部長には高原昌秀議会事務局長を充てる。
 退職、転出を含む異動規模は124人(昨春比6人減)。内訳は部長級9人、課長級15人、班長級38人、一般職62人。地域文化活性化と文化財保護を推進するため、社会教育課を「社会教育文化班」と「文化財保護推進室」に改編し体制を強化する。
 退職者のうち、部長級は安永宏利市長公室理事、松本久利総務部長、片山武則市民部長、湯田喜雅福祉保健部長兼福祉事務所長。