三菱電機は千葉県内2カ所の野球場のスコアボードとして、大型映像表示装置「オーロラビジョン」を納入した。西彼時津町の長崎製作所で製造した。
 同社によると、成田市大谷津球場(同市)に縦5・44メートル、横16・8メートル、千葉県総合スポーツセンター野球場(千葉市)に縦5・76メートル、横19・2メートルをそれぞれ納めた。両球場は一般利用向けだが、プロスポーツ施設向けと同性能の鮮明で迫力ある映像を表示できる。
 地方自治体所有の野球場へのオーロラビジョン納入実績は計21件になった。