長崎平和推進協会は、県内の高校生、専門学校生、大学生を対象に、原爆や平和、国際交流に関連する事業を募集している。若者の平和への意識を高める「アジア青年平和交流事業」として毎年公募しており、1件当たり最大20万円を補助する。数件採択する予定。
 テーマは「自分たちが考える国際・平和交流」。10月から来年3月上旬までに手掛けられる映像、朗読、演劇作品や出版物を想定している。3月下旬に成果報告会を開く。昨年度は県立大シーボルト校の学生グループが企画したカレンダー作品など2件を採択した。
 8月末に応募を締め切り、9月13日に公開審査会を開く。問い合わせは同協会(電095・844・9922)。