森きららでペンギン大冒険

森きららでペンギン大冒険

 佐世保市船越町の九十九島動植物園(森きらら)で、毎週土日、祝日にペンギンたちが園内を散歩する新しいプログラム「ペンギンたちの大冒険」が始まり、愛くるしい姿で来園者の人気を集めている。  ペンギンの"健康促進"を兼ねた企画で、通常は芝生広場を約15分かけて散歩する。20日は雨天のためペンギン館1階出入り口付近で実施。エレベーターに乗って登場したフンボルトペンギン約10羽が、スタッフが与える餌をおいしそうに食べながら散歩を披露。来園者は歓声を上げながら写真に収めていた。  家族で訪れた市立相浦西小3年の末永莉瑚さん(9)は「よちよち歩いていてかわいかった。近くで見られたのでうれしい」と話した。同園では、ほかにキリンやチーターなどの生態をスタッフが解説する新しいプログラムも始まった。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

長崎新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

11時57分更新

長崎のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索