愛知県医師会は、新型コロナウイルスの軽症や無症状の患者を一時的に受け入れる施設を確保するよう、愛知県に要望することを決めました。

 愛知県医師会は21日、新型コロナウイルス感染症対策会議を開き、今後の医療態勢などについて話し合いました。
 
 会議では軽症や無症状の患者が一時的に生活する施設を確保するよう、愛知県に要望書を提出することを決めました。

 要望書では「感染症の対応を日常の医療に持ち込めば、地域医療の崩壊を招く」と指摘し、医療機関以外の受け入れ施設の必要性を訴えています。

 施設のついて愛知県医師会は「ホテルなどの宿泊施設やすでに閉院した病院を想定している」としています。