愛知県岡崎市で起きた強盗殺人事件で、犯行を手助けしたとして男性2人が書類送検されました。

 岡崎市のマンションで去年11月、河原薫さん(当時49歳)が殺害され車などが奪われました。

 鈴木悠太被告(37)と林淳一被告(41)が、強盗致死などの罪で起訴されています。

 24日書類送検された岡崎市の自営業の男性(33)と安城市の会社役員の男性(37)は去年10月、鈴木被告から依頼を受け河原さんの自宅に案内するなどして犯行を手助けした疑いがもたれています。

 調べに対し2人は容疑を認めているということです。