岐阜県で新たに2人の新型コロナウイルス感染が確認され、県内の感染者は14人となりました。
 合唱団でクラスター・感染者集団が発生した可能性が高いということです。

 岐阜県によりますと感染が確認されたのは、可児市に住む70代と40代の女性2人です。

 40代の女性はこれまでに感染が確認された夫婦と同居する娘です。

 3人が参加していた合唱団では、30人の団員のうち6人が陽性となっていて、県はクラスターが発生した可能性が高いとみています。

 40代の女性は先月28日からせきやのどの痛みがありましたが、いずれも症状は軽く「花粉症だと思っていた」と話しているということです。

 また70代の女性は別の合唱団に参加していて、この合唱団にはこれまでに感染が確認された女性が参加していました。

 症状は軽いということです。