「新型コロナウイルス」に便乗し、愛知県愛西市に住む80代の女性に消毒液を販売する名目の詐欺とみられる電話があったことがわかりました。

 警察によりますと、20日ごろ愛西市に住む80代の女性にデイサービスの関係者を装った男から「消毒液が手に入ったからお宅に持っていく。コンビニで1万円払って」と金を要求する電話がありました。

 不審に思った女性は断ったあとデイサービスに確認したところ、そうした事実はなく偽の電話だとわかりました。

 また、23日には息子を名乗る男から名古屋市に住む90代の男性に「おやじ、マスクあるけどどうする」などと電話があり、300万円を騙し取られるなど「新型コロナウイルス」に便乗した詐欺とみられる電話が相次いでいて警察が注意を呼びかけています。