新型コロナウイルスに感染した患者の氏名などの個人情報が、愛知県のホームページに一時掲載されていたことが分かりました。

 新型コロナウイルスに感染した患者の氏名などの個人情報が、愛知県のホームページに一時掲載されていたことが分かりました。

 愛知県によりますと、午前9時半から午前10時15分まで県のホームページに掲載されていたのは、県内の新型コロナウイルスの感染者490人分の個人情報です。

 このうち396人分は氏名が掲載されていました。

 県は複数の県民から通報があり、誤って掲載していたことに気づいたということです。

 今のところ個人情報を悪用した被害の連絡は入っていません。

 県は「風評被害の阻止に率先して取り組むべきところを掲載をして申し訳ない」と謝罪しました。