三重県御浜町で、初夏の訪れを告げるミカンの品種「サマーフレッシュ」の収穫が始まっています。

 「サマーフレッシュ」は、夏ミカンとハッサクを交配させた品種で、サクサクとした食感と、さっぱりとした甘みが特徴です。

 全国でも御浜町のほか一部でしか栽培されていない品種で、御浜町阿田和にある「かきうち農園」では、黄色に色づき、ソフトボールほどの大きさに育ったものをひとつひとつ丁寧に収穫していました。

 農園によりますと、今年は暖冬の影響で、例年より生育が10日ほど早く、品質はいいということです。

 この農園では、来月上旬までに、約1トンの収穫を行う予定で、個人への販売のほか、東海地方の百貨店などにも出荷するということです。