岐阜県の関市役所の支所に爆破予告文を郵送し業務を妨害したとして、市議会議員が逮捕された事件で、予告文に新型コロナウイルスに関する市職員の対応への不満が書かれていたことがわかりました。

 威力業務妨害の疑いで逮捕・送検されたのは、関市の市議会議員 太田博勝容疑者(67)です。

 警察によりますと太田容疑者は、関市役所の上之保事務所宛てに爆破予告文を郵送し、先月7日、約2時間に渡って職員に爆発物の捜索をさせ業務を妨害した疑いがもたれています。

 警察は認否を明らかにしていません。

 市によりますと予告文には、新型コロナに関する市職員の対応への不満が書かれていました。

 先月1日には関市役所に同じような内容の手紙が届いていて、警察が関連を調べています。