1日、愛知県一宮市で工場を兼ねた住宅が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。

 警察などによりますと、1日午後0時半ごろ、一宮市多加木にある工場を兼ねた住宅から火が出ていると通報がありました。

 火は約4時間後に消し止められましたが、工場兼住宅が全焼し、焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかりました。

 住宅には70代の夫婦と41歳の息子の3人が住んでいましたが、70歳の妻と連絡がとれていないということです。

 警察は、遺体が妻の可能性が高いとみて、身元の特定を進めています。