リニア中央新幹線の静岡県内の工事を巡り、国土交通省は静岡県とJR東海に対し、準備工事について環境への影響が少ないと認められる範囲で進めるよう提案しました。

 リニアの静岡県内の工事は、大井川の水資源確保の問題が解決していないとして、静岡県が認めていないため、着工できていません。

 国土交通省は、9日静岡県とJR東海に対し、準備工事について自然環境への影響が少ないと認められる範囲で速やかに進めるよう提案しました。

 その上で、国交省は、JR東海に対し「国の有識者会議の議論など、必要な手続きが終わるまでトンネルの掘削工事に着手しない」ことを、また、静岡県に対して、「トンネル掘削の前段階の工事は速やかな実施を容認する」ことを、それぞれ提案しました。

 6月中に準備工事に着手できなかったJR東海は、2027年の開業は難しいとの認識を示していて、開業時期が延期されるのかどうか注目されます。