億万長者たちの宇宙開発競争 勝つのは誰?

億万長者たちの宇宙開発競争 勝つのは誰?

 宇宙に目を向ける3人の億万長者がいる。イーロン・マスク氏は火星を目指し、アマゾンのジェフ・ベゾス氏は月に居住地を建設することを夢見る。そしてリチャード・ブランソン氏は、自ら起こしたヴァージン・ギャラクティックで豪華宇宙旅行を計画する。

 彼らをつき動かすものは何なのだろう。大金があるなら、地球をもっと住みやすくすることに費やすべきではないのか。クリスチャン・ダベンポート氏の新刊『The Space Barons(宇宙男爵、未邦訳)』は、熾烈な宇宙開発競争に挑む3人の億万長者の物語だ。ワシントンDCの著者宅で話を聞いた。

ジェフ・ベゾス氏とイーロン・マスク氏は、性格も正反対で、宇宙開発へのアプローチもまったく違うように見えます。2人の人となりと計画についてお聞かせください。

 イーロン・マスク氏はマーケティングの天才と言えます。メディアに取り上げられることが多い同氏ですが、その機会を自ら作り出しているところがあるからです。一方のベゾス氏は目立たず、秘密主義です。ベゾス氏が経営する宇宙開発ベンチャー「ブルーオリジン」は2000年に設立されましたが、ほとんど知られていませんでした。ベゾス氏もそう望んでいました。

 マスク氏は、早い段階から宇宙開発計画を発表し、注目を浴びます。2003年には、ロケット「ファルコン1」の実物大模型をワシントンDCのナショナルモール公園に運び入れ、NASAの気を引くことに成功します。目立つことで、短期間のうちに宇宙開発のキーパーソンとなったのです。ベゾス氏のモットーは「ゆっくり行けば順調に、順調に行けば速くなる」です。彼はスポットライトを浴びることを嫌い、慎重に時間をかけて着実に取り組むタイプと言えるでしょう。

彼らが宇宙を目指す理由の一つに、「地球は滅びゆく運命にある」という考えがあります。本来は、ビル・ゲイツ氏のように、地球を住みよくするために、彼らの富を使うべきではないでしょうか?

 良い質問です。イーロン・マスク氏は、隕石の衝突など、地球上の生命を絶滅させるような一大事が起きた場合、人類が恐竜と同じ運命をたどらないためにも、バックアップ計画を持つべきだと発言しています。コンピュータのデータをハードディスクにバックアップするように、火星に人類を送る――つまり人類をバックアップしようというのです。

次ページ:リチャード・ブランソンの狙いは?

関連記事

おすすめ情報

ナショナル ジオグラフィック日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索